高清水食堂 通販ショップ

全国一律送料600円

あなたの贅沢ブレンド 壱 2kg

価格: ¥980 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

■料理を選ばずバランスの良い仕様
粘りと食感のバランスが良く、どのような食事にも合います。
炊飯しやすく、水加減も容易なため毎日のご飯に最適です。
まずはこのブレンドをお試し下さい。


五ツ星マイスター・お米アドバイザー
佐藤貴之の“おいしいゴハン”考
「ご飯のおいしさは“炊飯器”でなく“炊飯”で決まる。」

お米がご飯に変わる炊飯とは「煮る」「蒸す」「焼く」を同時に行うきわめて繊細な調理です。しかし、現在ではスイッチ一つですね。・・・・それが間違いのもとです。炊飯器の進化は精米機以上にすごいんです。しかし、大きな誤解から自動化におぼれ炊飯は衰退しています。昔ご飯はおいしかった。いいえ、思い出の要素を省けば今のご飯のほうがおいしいです。石が入ってるご飯もありませんし、糠が残ったご飯もありません。玄米だって安全においしく食べられます。では何があったのか。炊飯が変わったのです。

かつて日本人の1年間のお米の消費量は1人60kgを超えていました。当然1回に炊く量も多いわけです。家族も多いので15合炊きだたと多くの人が言います。では現在はどうでしょう?多くの家庭が3合~5合です。(炊飯器がそうです)ここで水加減です。第2関節まで、手首のしわまで。そんなことは現在の人も良く知っています。毎日の炊飯ですから多くの手間は邪魔です。これは毎日お名時に炊く先人の知恵です。しかし15合で100ccのブレがあったとします。1合に対し210ccの水量とすると3150ccの水になります。そこで100ccブレたところでやく3%のブレの範囲です。さほど影響はないでしょう。しかし、3合630ccの場合100ccのブレはやく16%のブレとなり、炊飯は大きくぶれます。さて皆さんの水加減はどうでしょうか?メモリがあるなら大丈夫と思っておませんか?50ccのブレを現在の炊飯器に当てはめると水位としてはメモリの線(印字幅)1本分です。実際に空の炊飯器に100cc入れてみて水位を確認してみてください。目視ではブレは十分起こっています。これではどんなに優秀な炊飯器でも正常な炊飯は困難です。

水加減は自分でできる数少ない調整でもあります。おいしさを作るには炊飯を見直すことは必要不可欠です。炊飯器がお米の味を決めるのではありません。炊飯が決めるのです。計る、洗う、水加減、調理の工程としてはたいしたことはありませんし難しくもありません。でも多くの人はやりません。おいしいご飯は簡単です。お米は最善の提案をします。自分の好きなご飯を炊いてください。ご飯がおいしいということは贅沢ではありません。当然のことです。ご飯は主食です。おかずを楽しむベースです。ゆるぎないベースが毎日あれば食卓はもっと楽しくなるはずです。

おいしいご飯に欠かせないのが「炊飯」です。この作業でお米はご飯になります。生産者が手を出せない「生まれ変わりの儀式」です。この炊飯ですべてが決まるといっても過言ではありません。炊飯の差はお米の差よりも大きく、おいしさのほとんどです。田んぼのこだわりは果てしなく積み重ねた歴史です。しかし、炊飯はこだわりを退化させてきました。水加減してますか?正しく計量してますか?おいしさのこだわりはなんですか?日本のおいしいご飯が当然になることを願って私は問いかけます。

HOME

商品検索
  • 送料無料キャンペーン
  • あなたの贅沢ブレンド
  • まんぷくブレンド
  • ブレンドベース米
  • 青春時代
  • 熟成米
  • 玄米で食べるために生まれたもちもち食感の「金のいぶき」
  • おいしいごはんの炊き方
  • 会社案内

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

受付:月~金曜日 9時~17時

ページトップへ